So-net無料ブログ作成

ゆれる [映画関連]

2006年 西川美和 監督

タブレットでの更新。今後はpcよりも多くなりそうなので、長文は書けなくなりそうです。

さて本作。
公開当時好評を聞いていたのに見逃してしまい、今更の鑑賞になってしまった。

久々に深い満足感を感じる作品。主演二人の確かなお芝居は見応え充分であるが、それ以上にとにかく脚本がすばらしい。スリリングでいて、現実感に溢れ、胸が締め付けられるほどせつない。
見せ方もすごい。
例えば香川照之が、こぼれてしまったお酒を這いつくばって拭いていると、倒れたままの徳利から残ったお酒がしたたり、彼の足をまた濡らす。情けない。そんなことはわかっている。それでも笑顔で床に這いつくばるしかないのが彼の境遇なのだ。それをクローズアップで見せる。うまい。

登場人物の複雑な心境が行動を引き起こすため、そこを謎として様々な解釈がされているようだが、丁寧に汲み取りながら見ていくと、どんな言動にもきちんと必然性がある。彼らを取り巻く環境も実にリアル。

しっかりした内容をうまい見せ方で描いた映画。ゆれる、というタイトルも秀逸。
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 3

カオリ

この作品、録画したまんまになってしまってます。早く観てみなくっちゃ。
ところで、やっぱりタブレットでも文章書くのは大変ですか〜。でも短い分、satocoさんの的を得たレビューがさらに冴えそうですね。また更新を楽しみにしています。
by カオリ (2013-12-17 16:38) 

Sho

satocoさんが書かれた、滴るお酒をズボンに染みこませながら笑顔で酌をする場面は、とても印象に残っています。
ラストシーン、兄がどんな選択をしたのか未だにわかりません。
いろいろと見落としていたものも多い気がします。
又観てみようと思いました。

by Sho (2013-12-29 09:21) 

satoco

>カオリ様
やはりタブレットでは、両手でキーボードを打つのとは比較にならないです...
文章を短くするのは結構エネルギーがいるので、たぶんグダグダなれレビューになると思います。^^;
nice! ありがとうございます。

>Sho様
印象的なシーンの多い映画でしたね。細やかな目線を感じる作品でした。ラストの選択は、見る側の状況に寄っても解釈が変わってきそうですね。いい映画です。


by satoco (2014-01-08 09:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。