So-net無料ブログ作成

苦役列車 [映画関連]

2012年 山下敦弘監督

話も結構おもしろいし、役者さんも一人一人本当にいいし、映像のトーンも好き。
身も蓋もない内容の割にはポップな雰囲気で見やすい。
しかし所々、見ていてすごくしんどい映画だった。

森山未來、やり過ぎだって。うますぎ。身体もいつもよりゆるんでいるし、顔もむくみぎみ。全編呂律も怪しい。主人公のすがすがしいまでのロクデナシっぷりが、リアルすぎる役作り故に時々シャレにならなくて辛すぎるのである。

そもそも、醜い部分も敢えて正視して人間を描くのが文学。生々しい描写は、それを文字で読むときは読み応えとなるものだが、映像になったとき、必要以上の見苦しさにつながってしまうのである。


そうはいってもなかなかおもしろい、いい映画だと思う。世の親たちよ、子供には教育を。

私は役者としての森山未來も買っているけれど、ふつうに男性として日頃の格好良い彼に憧れてもいるので、今回はさすがと思いつつも複雑でした。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

Sho

なるほど。文字で書かれたものを映像にしていくときには、ご指摘のようなことが生じるんだなあ、と気づかされました。
原作まだ読んでいませんが、多分「おかしみ」のある本なんだろうなあ・・と、この映画の予告を見て思いました。
森山未來は、NHKのドラマ「夫婦善哉」での駄目男っぷりが印象に残っています。なかなかチャーミングな駄目男っぷりでした。
by Sho (2014-02-22 04:34) 

satoco

本作、原作者からは酷評らしいです。きれい事だとか。原作面白そうですよね。
森山未來は、私には超セクシーなんです。あの雰囲気、たまりません。
歌とダンスもすごく上手なんですよ。
by satoco (2014-03-03 00:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。