So-net無料ブログ作成

RED [映画関連]

2010年 ロベルト・シュベンケ 監督

REDとは、とびきり危険な年金生活者の略。主人公のブルース・ウィリスを始め、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレン、ジョン・マルコビッチら元CIAスパイたちが活躍するアクション映画である。

この手のネタもそうそう新味はないけれど、演じる俳優たちが粒ぞろいなので興味を持って見てみた。

たしかにいずれも出てくるだけで見ごたえのある面々である。日ごろは無害な老人に見えて、一歩裏に回ると不釣り合いな重装備を隠している、なんて場面も上滑りしないのは彼らの存在感のおかげだ。
ブルース・ウィリスは「ブルームーン探偵社」に出ていたころの軽やかさが戻ってきた気がする。それでいてほんの少しだけある戦闘シーンではものすごく強そうに見えるし。年をとってよくなってきた。
他の方々はそれぞれあまり魅力的に撮ってもらっていないものの、ご本人たちはいたって楽しそうである。ちょっとした道楽みたいなもんだよね。マルコビッチはスティーブ・ブシェミを健全にしたような役でずっとウキウキしっぱなしだし。

まあそういうのを楽しむ映画だってことはわかってるんだけど、いくらなんでも話が雑すぎるだろう。この手の映画は話はスカスカな方がいいものだが、それにしてもひどすぎ。しかも敵側がみんな小物感丸出しってのもいただけない。せっかくリチャード・ドレイファスをつれてきているのになんでこんなにしょぼいんだろう。副大統領なんて存在感ゼロだし。

話の設定も面白いしせっかくこれだけの俳優さんたちに出てもらってんだから、他ももっとがんばらないと。もったいない映画である。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

ken

まったく同感です。
副大統領はエキストラにしか見えませんでしたよね。
ホンはこれ、致し方ないと思いました。
きちんと書き込めば書き込むほど、ブルースの良さが出ない気がします。
だってそんな柄じゃないしw
それにしてもリチャード・ドレイファスの扱いは酷かったですね。
by ken (2012-02-25 09:57) 

satoco

副大統領、顔よく覚えてないですもんww
「ジョーズ」や「グッバイガール」を好きな身には、リチャード・ドレイファスの扱いが悲しいです。
nice! ありがとうございます。
by satoco (2012-03-12 01:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。